タッピングマシン(粉体の振盪比重測定器) KRS-409

タッピングマシン(粉体の振盪比重測定器) KRS-409
タッピングマシン(粉体の振盪比重測定器) KRS-406
タッピングマシン(粉体の振盪比重測定器) KRS-409
タッピングマシン(粉体の振盪比重測定器) KRS-406
粉体の物性(振盪比重)を測定する方法として広く利用されている装置です。
粉体充填率測定器、見掛比容積減少度測定器などの名称で呼ばれており、密充填かさ密度を測定します。

価格(税別)

お問い合わせ下さい。

特長

本機は粉体の物性<振盪比重>を測定する方法として広く利用されています。
試料容器(目盛付き硬質ガラス製)を毎分30回程度の速度で上下に振盪させます。
前面のカウンタで振盪回数を試料容器の目盛りにより、振盪巾及び沈降度を測定することができます。

構造

  • モーターによりカムBを回転します
  • 試料台Aを上下に作動させます
  • 調節台ネジCを上下することによりAの落下の高さhは変えられ衝撃の強さを変えることができます。

仕様・性能

試料容器 外径35mm 0~150mL両目盛 硬質硝子製
振盪回数 30回/分 (50Hz)
モーター 100V 15W
振盪巾 0~60mm
カウンタ

4桁表示

オプション

プリセットカウンター
(回数自動停止装置)

スピードコントロールモータ
(回転数の無断変速)

※同時に3本の試料容器を掛けられる、KRS-406もご用意しております。

TOP