回転式電気管状炉(縦横自在型)MIK型

印刷する 印刷する

クリックすると拡大します

拡大

  • 拡大
  • 拡大

本機は化学分析、金属の熱処理等に広く利用されています。
炉体は水平に固定できることはもちろん、垂直あるいは任意の角度で使用できます。したがって他の装置と組合わせて使用する場合に大変便利です。
※写真の温度センサーは別途申し受けます。

お問い合わせ

仕様・価格

(最高温度1,200℃)

型式内寸法(mm)発熱体電源価格
MIK-130φ×300カンタル線100V 0.8kW\112,000
MIK-230φ×450カンタル線100V 1.0kW\128,000
MIK-340φ×600カンタル線100V 1.8kW\168,000
MIK-450φ×600カンタル線100V 2.0kW\188,000
MIK-560φ×600カンタル線100V 2.5kW\208,000
MIK-680φ×600カンタル線100V 4.0kW\305,000
MIK-7100φ×600カンタル線100V 5.0kW\370,000
  • 温度調節器または電圧調整器をご使用ください。
  • 最高温度が1000℃(発熱体ニクロム線)用、および1500℃(発熱体炭化珪素)用も製作いたします。
  • 特殊仕様、特殊サイズの製作もいたします。