電気坩堝炉 MIR 型

印刷する 印刷する

クリックすると拡大します

拡大

  • 拡大
  • 拡大
  • 拡大
  • 拡大

金属の熔融、熱処理、灰分測定、工具の焼入れ等の加熱作業に極めて便利であります。
内側にヒーティングユニット、外側にカオウール等にて保温を完全にし外部は鉄板、鋳物にて覆ってあります。
発熱体:カンタル線、耐火物:アルミナ質、断熱材:カオウール

※写真の温度センサーは別途申し受けます。

※画像はMIR-4型です。

お問い合わせ

価格

型式価格
MIR-1\59,500
MIR-2\68,500
MIR-3\79,000
MIR-4\119,000
MIR-5\398,000
MIR-6\438,000

仕様

(最高温度1,200℃)

型式炉内寸法(mm)発熱体電源
MIR-175φ×100カンタル線100V 1.0kW
MIR-2100φ×100カンタル線100V 1.2kW
MIR-3100φ×150カンタル線100V 1.5kW
MIR-4150φ×200カンタル線100V 3.0kW
MIR-5250φ×300カンタル線200V 8.0kW
MIR-6300φ×300カンタル線200V 10.0kW
  • 温度調節器または電圧調整器をご使用ください。