卓上型ニーダー PBV-0.6

印刷する 印刷する

クリックすると拡大します

拡大

  • 拡大
  • 拡大
  • 拡大
  • 拡大

本機はPN型ニーダーでは困難な高粘度の混練、または固体の粉砕を伴うような作業過程を完全に行う研究室用のニーダーで、加重具を用い試料を加重することもできます。主に樹脂系、ゴム系の捏和に最適です。
※写真はPBV-0.1です。
※右側2枚の画像は、PBV型ニーダー専用温度調節器です。

お問い合わせ

価格

\1,660,000(税別)

構造及び特長

  • 混合槽は試料の取出し、清掃に便利な分解式です。
  • 2枚のスクリュー型の羽根は切断不等速運動で羽根と壁面により剪断混合され特に強力な粉砕捏和を行います。
  • 加熱はカートリッジヒーター4本で行い、最高温度200℃まで使用できます。また空気冷 却の回路も設けてあります。
  • 試料を真空または不活性ガス中で捏和できます。
  • 非常停止ボタン等の安全装置取付、槽内使用最高温度250℃が可能な高温用も製作致します。 お問い合わせ下さい。

仕様

型式 全容量 使用容量 電動機 回転数 外寸法(mm)
PBV-0.1 100mℓ 70mℓ 100V 400W 13~35rpm W580×D350×H490
PBV-0.3 300mℓ 200mℓ 200V 750W 13~35rpm W750×D350×H510
PBV-0.6 600mℓ 400mℓ 200V 1.5kW 13~35rpm W970×D480×H530
PBV-1 1,000mℓ 700mℓ 200V 2.2kW 13~35rpm W1,030×D510×H570